自然派化粧品に良く使用される添加物とその危険性について

自然派化粧品でも一部の添加物は使用されていることがある

自然派化粧品や無添加化粧品と銘打つ商品は増えてきていますが、
原材料表記を確認してみるとまだまだ添加物の表記が目立つものもあります。

自然派化粧品のはずなのに使用されていることが多い添加物について、
ここでは解説します。

防腐剤、パラベン


パラベンはわずかな量で強力な防腐効果を発揮し、長年化粧品に使われてきた実績があります。

ただし、長期間の使用による蓄積の問題や発がん性、アレルギーについていたるところで指摘され、
厚生労働省が指定する表示指定成分の一つとしても話題です。
その毒性に対する意見には賛否両論はありますが、不安や疑問がついて回る成分の一つではあります。
そんなパラベンは、自然派化粧品にも使用されていることがあります。

水分や油分を多く含むスキンケア商品などにはどうしても防腐剤がなければ品質を維持できないことが理由です。
もしも防腐剤を使わなければ、あっという間に品質が劣化してしまいます。
また、

薬事法でも未開封の化粧品に対しては3年間は品質を保証するようにとの規定

もあります。

そのため、自然派化粧品でも防腐剤は使用されています。

パラベン不使用の代わりの防腐剤


パラベンを不使用の無添加化粧品であっても、

水分と油を含む限り代わりになる防腐剤は必ず使用されています。
デヒドロ酢酸ナトリウム、ヒノキチオール、フェノキシエタノール、
BG(ブチレングリコール)などの抗菌効果を持つ保湿剤といったものが代用としてよく使用されています。

このなかで最も安全性が高いとされる成分はヒノキチオールです。

製品自体の抗菌・防腐作用、アトピー性皮膚炎における黄色ブドウ球菌育成阻害による抗瘙痒作用目的で化粧品に配合される成分、ヒ…

いずれの防腐剤が使用されているとしても、
人によっては肌荒れやアレルギー反応が出る場合があります。
できるだけ肌への刺激性が低い防腐剤を使用した自然派化粧品を選ぶこと
肌が弱い方にも合った化粧品が見つかります。

タルク


ファンデーションの主成分としても多く使用されているタルクは、滑石を微粉末にしたものです。
昔から顔に塗るおしろいや化粧品として使われてきた歴史のある化粧品の素材です。

鉱物の一つと言い換えることもでき、天然素材でもあります。

ですが、タルクに対する不安や疑問の声も多く上がってきています。

その理由になったものはアスベストと似た構成の鉱物であることと、
アスベストを含むタルクが使われた化粧品が実際に販売停止措置を受けたという事件です。

この事件は海外のものであり、今から5年以上も前のものです。
この事件を受けて規制も強まり、以前よりも信頼性は高まっています。

ただし精製されたタルクにはアスベストは含まれていないとしても、
その粉塵を吸引してしまうことには健康被害が懸念されるようです。

参考関連リンク
レファレンス協同データベース

レファレンス協同データベース(レファ協)は、国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築する調べ物のための検索サービスです…

タルクを使わない化粧品もありますので、どうしても気になる場合は不使用のものを選びましょう。

自然派・無添加化粧品でも必要な添加物 まとめ


化粧品には品質を保持し、使用感をよくするために天然成分100%では難しいところも多いです。
防腐剤のように全く使用しなければ薬事法の問題もあって品質保証ができないために、
最低限のものは使わなければなりません。

できるだけ皮膚への刺激性が低い防腐剤を使用しているものを選ぶしかありません。

ただ、自然派、無添加化粧品には発がん性や蓄積が心配される化学成分はなるべく使わないように作られています。

そのうえで消費者の肌の状態の改善に役立つハーブやミネラルなどを豊富に含んだ化粧品を研究、開発しています。

化学成分がほとんどを占める化粧品よりははるかに美容効果は高いです。
肌荒れや乾燥を起こしやすい方だけでなく、素肌の健康的な美しさを維持したい方にも
自然派化粧品がもたらしてくれるメリットは大きいです。

無添加・オーガニック化粧品を選ぼう

石油系の保存料であるパラベンや着色料、香料などの化粧品に含まれる添加物や化学物質は、
一時的には問題はないといわれるものの、
皮膚への強い刺激性があり、敏感な方の場合は肌荒れやアレルギーの要因にもなってしまいます。
また、一部の化学物質については発がん性に関しても否定しきれないものがあります。

複数の種類の添加物、化学物質に長期間さらされた場合のリスクや安全性に関する実験は行われていません。

少しでもリスクを減らそうとするなら、より自然に近い安心できる成分で作られた化粧品を使用するようにしましょう。
そのほうが、皮膚のケアにとって有意義な成分を摂ることができるのでメリットのほうが大きいです。

お勧めの無添加・オーガニック化粧品


タルク、合成ポリマーの1つであるシリコン、鉱物油、界面活性剤、合成香料や着色料などといった気になる添加物を一切使用しない、
希少な基礎ファンデーションです。
ぬるま湯とせっけんで簡単に落とせるので手間もなく、皮膚が弱い方にも評判が良いです。


こちらのリップクリームも希少な無添加の化粧品です。
酒粕の効果で荒れがちな唇を保湿して乾燥から守り、天然の柴根の色でほんのりと優しいピンク色を出しています。

無添加・オーガニック化粧品のメリット

無添加・オーガニックの化粧品を選ぶことで、将来の皮膚トラブルの予防にもつながります。
皮膚への刺激性がほとんどなく、皮膚の保湿やシミ予防にも役立つ天然成分を豊富に含んだ化粧品は、

健康で明るい皮膚の状態を維持することに大いに役立ちます。

同じ化粧を楽しむなら、肌トラブルのリスクができるだけ少ない商品を選んでみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費は節約してできるだけ貯金に回すことは、 現代社会の死活問題です。
とはいえ、良い食べ物は人の健全な日常生活に役立つことは確かです。
安くても粗悪なものばかりを食べると中毒になり、より不健康なものを求めるようにもなりがちです。
食品添加物、白砂糖などの精製された食品はまず精神状態や免疫力にダメージを与えます。アルコールやたばこ、日々のストレスに加えてそれらの影響は無視できないものになっていくはずです。

無添加、オーガニック商品は価格は高くてもできる範囲で暮らしに取り入れることに十分大きなメリットがあります。すべてを無添加、オーガニックで統一することは難しくても、問題のある食品添加物だけは気にするとか、オーガニックの野菜セットだけは続けてみるなど、部分的にでも本当においしいものを食べることで毎日の食事から大きな満足感を得ることができます。

少しでも品質の良い食べ物の味覚を楽しむことは心の余裕も生み出します。1円2円を節約しようとしてスーパーをはしごするような暮らしはストレスがたまります。余裕がある時だけの気分転換でも十分です。本当においしいと思える無添加・オーガニックの味覚を試してみてください。

CTR IMG