白砂糖より危険な三温糖とは?選ぶべき砂糖とその使い方

白砂糖の本当の作り方

白砂糖の作り方について公開されているサイトをいくつか見ましたが、
肝心の不純物を取り除く処理、脱色処理、最後の仕上げの漂白処理について都合の悪そうなところは伏せて書かれているような印象を受けました。
関連リンク
例えばこちらの砂糖の作り方について書かれたサイトでは、
サトウキビの原料を圧搾した後、不純物を取り除く際に使用される薬品は

石灰だけではなく炭酸、亜硫酸、亜硫酸ガスも使われると書かれています。

また、脱色処理の際にはホウ酸塩や塩素が使われるそうで、仕上げにも塩素で真っ白にしているようです。

この過程を見ると、

薬品を使って漂白しているといわれても根拠のない話には見えません。

一方で、ニュースサイトでは白い砂糖の精製過程では塩素は使用されておらず、
石灰乳や炭酸ガスを使用して不純物を除去し、
できた糖液をイオン化樹脂や活性炭を通して脱色処理をしているなどと書かれています。

関連リンク
農畜産業振興機構

独立行政法人農畜産業振興機構は、農畜産業及びその関連産業の健全な発展と国民消費生活の安定のために価格安定業務,補助事業,…

信頼性があるソースはニュースサイトではありますが、
今の白い砂糖の製造現場で働いているわけではないので確かなことはわかりません。

白砂糖が有害といわれる根拠

白い砂糖が有害といわれる根拠は、
精製されて漂白されていること以外に、完全にビタミン、ミネラルが抜け落ちた化学薬品と化している点にあります。

漂白されているか、薬品を使われているかどうかの問題は置いておいたとしても、
白砂糖は完全な化学式で記述される薬品であることは確かなことです。

白砂糖はビタミンもミネラルも全く含まれていないため、

摂取すると体内のミネラルを奪うという性質があります。
また、分子の小さい白砂糖は消化も早く、薬のように速やかに吸収されていきます。

その結果血糖値の急激な上昇を引き起こします。

急激に上昇する血糖値を下げようと、膵臓からインスリンが大量に放出され、低血糖状態になります。
この繰り返しによって脳が誤作動を起こし、エネルギーを求めて甘いものが欲しくなってしまいます。

また、甘いものを食べると脳の報酬系(ドーパミン神経系)を活性化してしまう仕組みがあります。

薬物依存と同じように、より甘いものを求めていく過程がラットの実験で証明されています。

この実験結果が、白砂糖には中毒性があるといわれる根拠です。

薬のように速やかに吸収される白砂糖は血糖値のコントロールシステムを混乱させ、
エネルギー不足と錯覚した結果甘いものを求め、
甘いものを食べればドーパミンが放出され、それを繰り返すことでいつしか中毒になっていくわけです。

関連リンク

免疫・自然治癒力の活性をめざし、研究・開発・製造にバイオサイエンスを駆使して挑戦する企業・大和薬品です。…

三温糖は白砂糖よりも最悪

そして、三温糖は白砂糖をさらに加熱してカラメル化させて色を付けただけのものです。

栄養的価値にしても白砂糖とほとんど同じです。

問題はカラメル色素という食品添加物が加えられていることです。

無添加の三温糖もあるようですが、しょせんは白砂糖と同じです。

カラメル色素にはいくつか種類がありますが、
カラメルⅠだけが安全性が確かめられており、Ⅱは日本では禁止、
そしてⅢとⅣには発がん性があることが指摘されています。

コストが安く済むⅢとⅣが日本では使用されていることが大きな不安要素になります。
カラメルⅢとⅣはアンモニア法という製法で作られ、
4-メチルイミダゾールという不純物が生成されます。
これがDNAを損傷させ、やがて癌を発症させる恐れがあるとして
2007年に米国で発がん性物質に指定されています。

このカラメル色素は三温糖だけでなく、コンビニのプリンやコーラ、
安価な醤油やソースのような調味料など様々な食品、飲料に使用されています。

カラメル色素はただ砂糖を茶色く煮詰めただけという安心感や思い込みがある着色料ですが、
実際には発がん性物質が懸念される食品添加物の1つです。

黒砂糖などの粗糖を摂るようにしよう

無農薬野菜のミレーで購入した抹茶どら焼きには、
精製されていない砂糖を意味する粗糖が使用されています。
原料となるサトウキビを絞り、精製過程を経ないで作られる昔ながらのビタミンやミネラルを含む砂糖は

血糖値の急激な上昇やそれから始まる血糖値コントロールの乱れを引き起こしません。

理由は薬品ではなく、様々な成分を含む食品に分類されるからです。
食品である黒砂糖のような粗糖は消化吸収が緩やかです。

そのおかげで、たとえ食べたとしても異常な依存性を引き起こすことにはなりません

甘いものはエネルギー源として必要な栄養素の一つではありますが、
白砂糖や三温糖のような急激な血糖値の上昇や依存性が心配される薬品を摂るべきではありません。
同じ甘いものを食べるのなら、
粗糖を選ぶようにしましょう。
ビタミンやミネラルを含む粗糖は種類も豊富で、独特の個性や風味があります。

同じどら焼きでも粗糖を使ったものは癖やしつこさ、べたつきを感じずにおいしく食べることができます。

白砂糖と比べると高いように感じるかもしれませんが、
数百円の違いです。
数百円の違いで深刻な依存症になるほうが損をしているのではないでしょうか。

関連記事

お菓子に大量に使用される白砂糖が一番怖い 和菓子に使われるあんこや、洋菓子に使用される生クリームやスポンジ生地など、 国内で流通している大半の甘いお菓子には白砂糖が大量に使用されています。 今、白い砂糖の弊害、危険性については多く[…]

粗糖であれば苦労しなくても使用量を減らせる

粗糖であれば中毒性もなく、異常に甘いものを求めることもないため、
砂糖をふんだんに使った市販のお菓子類は敬遠するようになるでしょう。

砂糖は摂りすぎてはだめとよく言われますが、

白砂糖から粗糖に切り替えていくだけで自然とそうなります。

白砂糖特有のはっきりとした強い刺激のある甘みよりも、
自然な風味や個性を持った粗糖ならではの味わいを楽しめるようになります。

そしていつの間にか精神状態にも落ち着きを感じられるようになっていくはずです。

白砂糖は薬物と同じなので、最初は禁断症状が出る方もいるでしょう。

それでも少しずつ白砂糖から自然な甘みと微量ミネラルやビタミンを含む粗糖に切り替えていきましょう。
その結果、白砂糖特有の異常な甘みへの渇望から解放され、すっきりとした毎日を送ることができるようになります。

関連記事

異常な空腹感が襲ってくるのは糖質中毒のせい 肥満体型で悩んでいる方がよく冗談めかしていう言葉に、 「食べても食べても常にお腹がすく」というものがあります。 そのような方はたいてい、朝ご飯はちゃんと食べたのにも関わらず、 お昼ごは[…]

関連記事

人工甘味料入りの飲み物は不評という現実 人工甘味料入りの飲み物は今市場に出回っていますが、 「おいしくない」「飲んだ後で胃がむかむかする」などと評判はよくないです。 私も、人工甘味料の入った飲み物をおいしいとは思えません。 それ[…]

有機野菜定期宅配サービスが便利

有機野菜定期宅配サービスは、主な特徴はだいたい共通しています。

・有機または減農薬の安心して食べられる野菜を定期購入できる
・基本の野菜セットに自分で商品を取捨選択して追加、変更することができる
・毎週お届け日時の変更やキャンセルができる
・初回お試しセットがお得
・一定金額の購入で送料無料
ここでは、それ以外の特徴に注目して有機野菜宅配サービスを比較してみます。

野菜セットのボリュームが大きい

無農薬野菜のミレー レビュー記事へ
無農薬野菜のミレーでは最大16種類の野菜や果物の入った野菜セットが用意されています。
そのうえで豊富な食品の中から自由に選んで追加することも可能です。
肉や魚といった商品の価格帯も比較的安価なものもそろっています。
質を考えたうえで比較的たくさん買いたい人、家族の多い方に向いています。

初回お試しセットがお得

らでぃっしゅぼーや レビュー記事へ
ぱれっと便に含まれている野菜のボリュームは少ないですが、
こちらも自分で自由に追加、変更をすることはできます。
送料のことを考えれば毎週5000円~8000円は購入することをお勧めします。
初回お試し特典があります。
大地を守る会 レビュー記事へ
管理栄養士監修で野菜セットを組んでくれることと、
毎週レシピがついてくるのがありがたいです。自然と料理上手になれることでも人気を呼んでいます。

各種イベントが開催されたり、カタログもついてくるので
注文するのが毎週楽しみにもなります。
こちらも初回お試し特典があります。

最新情報をチェックしよう!
>食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費は節約してできるだけ貯金に回すことは、 現代社会の死活問題です。
とはいえ、良い食べ物は人の健全な日常生活に役立つことは確かです。
安くても粗悪なものばかりを食べると中毒になり、より不健康なものを求めるようにもなりがちです。
食品添加物、白砂糖などの精製された食品はまず精神状態や免疫力にダメージを与えます。アルコールやたばこ、日々のストレスに加えてそれらの影響は無視できないものになっていくはずです。

無添加、オーガニック商品は価格は高くてもできる範囲で暮らしに取り入れることに十分大きなメリットがあります。すべてを無添加、オーガニックで統一することは難しくても、問題のある食品添加物だけは気にするとか、オーガニックの野菜セットだけは続けてみるなど、部分的にでも本当においしいものを食べることで毎日の食事から大きな満足感を得ることができます。

少しでも品質の良い食べ物の味覚を楽しむことは心の余裕も生み出します。1円2円を節約しようとしてスーパーをはしごするような暮らしはストレスがたまります。余裕がある時だけの気分転換でも十分です。本当においしいと思える無添加・オーガニックの味覚を試してみてください。

CTR IMG