お菓子によく使われる避けたい食品添加物ベスト5

お菓子に大量に使用される白砂糖が一番怖い

和菓子に使われるあんこや、洋菓子に使用される生クリームやスポンジ生地など、

国内で流通している大半の甘いお菓子には白砂糖が大量に使用されています。

今、白い砂糖の弊害、危険性については多くのサイトでも取り上げられています。
賛否両論はありますが、
結論から言って白い砂糖には栄養的な価値もないし、むしろデメリットしかないということです。

白い砂糖は甜菜やサトウキビのような原料を精製し、
化学薬品で漂白までされた甘いだけの甘味料です。添加物の一つと言ってもいいほどです。
その白い砂糖にはビタミンやミネラルなどの栄養は残っておらず、
日常的に摂取していればカルシウム不足を招くことが指摘されています。
さらに白い砂糖の摂取による栄養不足からくる精神面への悪影響も問題視されています。
いつも白い砂糖たっぷりの甘いお菓子を食べている子供は短絡的で怒りっぽかったり、
衝動的で感情を抑えられないところがある
などの特徴があることも知られています。

白い砂糖は癌の餌

極めつけは白い砂糖は癌の餌と言う事実です。

このことは医学の専門家が警告していることであり、
そんなわけがないという人もいますが、聞き捨ててはいけないことです。

白い砂糖が癌の餌になるという根拠は、
ビタミンやミネラルが取り除かれた白い砂糖によって得られる無酸素エネルギーを
癌細胞が餌にするという仕組みにあります。

また、白い砂糖の摂取による急な高血糖状態も癌体質を招く危険な状態です。

参考関連リンク

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !…

精製された小麦粉は国産、外国産問わず危険

また、多くのお菓子にメイン食材として使用される小麦粉そのものも、
オーガニックでもない限り安心できるものではありません。

一般的な精製された小麦粉は白い砂糖と同様、
ビタミンもミネラルも食物繊維も抜け落ちてしまっています。

その結果、血糖値の急激な上昇の原因にもなります。
全粒粉のオーガニックで栽培された小麦粉が最も栄養価が高く、
安心して使用できる小麦粉です。

現状、お菓子にオーガニック全粒粉の小麦粉が使用されているケースはほとんどありません。
有機野菜宅配サービスで販売されているオーガニックの全粒粉小麦粉を使用して自力で作るのが最も安心できます。

着色料は天然、合成とわず問題


そして、色鮮やかなお菓子には使用されている着色料は天然と合成を問わず良くないものです。

発がん性が気になる合成着色料

赤色2号、黄色4号などの目にするだけでも不愉快になるタール系の合成着色料は、
はっきりとした色鮮やかなお菓子を好む子供が手を伸ばしやすいお菓子によく使われています。

また、夏祭りに良く出されるブルーハワイ系のかき氷には、
ヨーロッパでは使用禁止になっている青色1号がたっぷり使用されています。

赤、黄色、青などのこれらのタール系の着色料は石油から作られており、いずれも発がん性に関する報告があります。
海外では使用禁止になっているところもあるのに、日本ではいまだに様々なお菓子、食品に使用されています。

天然着色料も安心できない

天然着色料の原料自体は確かに自然由来のものです。
ただ、紅花やクチナシなどの素材から色素を抽出する際に化学的な処理が行われています。

また、原料となる自然素材に含まれる残留農薬や、
人によっては天然着色料の原料にアレルギー反応を示すケースがあるといった問題点があります。

中でも、天然着色料の1つである

カラメル色素には発がん性に関する指摘も多く上がっています。

このような理由から、天然の植物や虫のような自然由来の色素から作る
天然着色料だからと言って安心とは言えません。

ショートニングにも多いトランス脂肪酸

クッキーやビスケットにはたいてい使用されている添加物、ショートニングには
トランス脂肪酸が多く含まれています。

2018年6月までにトランス脂肪酸を禁止するという方針をアメリカが打ち出したことで話題になりました。

トランス脂肪酸は植物油に水素を添加処理して作られています。

このトランス脂肪酸を多くとりすぎると体内で活性酸素を過剰に作り出します。
その状態が長く続けば、

心臓病、高血圧、糖尿病、がんなどの多くの病気の原因になる可能性があると指摘されています。

日常的に白い砂糖や精製された小麦粉、
さらにショートニングまでたっぷり使用されたお菓子を食べるなんておそろしいことがよくわかります。

関連参考リンク

トランス脂肪酸の危険性について…

最近増えてきた人工甘味料、アスパルテーム


歯の健康のためや、眠気覚ましのために推奨されているチューインガムには、
原材料に人工甘味料アスパルテームが今では当然のように使用されています。

アスパルテームの恐ろしいところは
ゼロカロリーなのに砂糖の何倍もの甘さを感じることで

血糖コントロールに異常をきたし、逆に糖尿病の原因になりやすいということだけではありません。

アスパルテームに含まれるフェニルアラニンは脳内にもともと存在し、
ドーパミンやノルアドレナリンの原料となる神経伝達物質ではありますが、
精製されたものを単一で摂取することに問題があります。

脳細胞への過剰な刺激によって、摂取量が過ぎれば死亡リスクまである神経毒に変わってしまいます。

また、アスパルテームにはメチルエステルも含まれており、
飲み込めばメチルアルコールに変化して少しずつ蓄積していくということも危惧されています。

メチルアルコールが蓄積していくと、頭痛、脳障害、腫瘍、知能の低下、気分の変調や不眠症、
短期間の記憶があやふやになるなどの異常が現れること
が実験で確かめられています。

アスパルテームはガムだけでなく、
キャンディーや和菓子、ダイエット食品、栄養ドリンク、チューハイなどのアルコール飲料など
多くの食品、飲み物に幅広く使用されています。
そのうえ、アスパルテームを主原料としたパルスイートという人工甘味料が調味料としてスーパーにまで並んでいます。

アスパルテームの危険性を考えれば、手に取りたくない商品ばかりです。

目立たないけど危険な、香料

そして、香料も怪しげで危険な添加物の一つです。

香料には人工香料と天然香料の2種類があり、それぞれの種類は数百種類を超えます。

そのどれがお菓子や食品に使用されているのか明記されているケースはほとんどありません。

複数種類を同時に使うことが多く、
あまりにも不自然で強烈な香りがするお菓子にはたっぷりの正体不明な香料が使用されていることは確実です。

香料の問題点はその不透明さなのです。

お菓子や食品に使用される添加物は安全基準を満たしているとは言われていますが、
後から有害性が指摘されて姿を消すものも多くあります。
そのような物質も香料として紛れ込んでいたとしても消費者は確かめるすべがありません。

まとめ 安いお菓子は危険と不安だらけ

スーパーで売られているお菓子の多くは、上記のような成分を含むものばかりです。
ちょっと高級とタイトルに書かれていたとしても、裏面の原材料表記を見れば納得のできない添加物の表示が目につきます。

人体にとって不必要な食品添加物白い砂糖を大量に使用したお菓子を間食として食べていれば、
いつか体調を崩し、長期化すればなんらかの病気に発展したとしても不思議ではありません。

食品添加物も白い砂糖も、有害性に関しては賛否両論がありますし、
気にしないでおいしいものを食べたいという意見も多いことはわかります。

ただ、本当においしいお菓子とは食品添加物も白い砂糖も精製された小麦粉も使わずに作られたものです。

美味しいお菓子を食べたいと願うなら、
有機野菜宅配サービスで購入できるオーガニックの小麦粉、黒砂糖を使って簡単なクッキーを焼いてみましょう。

無添加で、安全な小麦粉と黒砂糖や粗糖を使って作られた各種のお菓子類
有機野菜宅配サービスでも様々な種類の取り扱いがあります。

これからはお菓子はスーパーでは買うより

無添加で自然な甘みが優しく、しつこさを感じない味わいや香りが際立つお菓子は
甘すぎて不愉快になることもないし、白砂糖独特の中毒性も持ちません。

少しの量でも満足し、味わって食べることができます。

そのうえ、甘さやカロリーだけでなくちゃんと素材ならではの栄養もあります。

デメリットばかりが際立つスーパーのお菓子よりも、
間食として食べて役に立つ、おいしいお菓子を食べてみましょう。

関連記事

オーガニック食材のスーパーも急増中 主に東京など関東を中心にではありますが、オーガニック食材を豊富にそろえているスーパーはできているようです。 芸能人も御用達だそうで、東京に住んでいる人々がうらやましくなりますね。 ただ、オーガニ[…]

関連記事

無農薬野菜のミレー 主な特徴について 無農薬野菜のミレーはボリューム盛りだくさんの野菜セットが人気の有機野菜宅配サービスです。季節の野菜12~14品のセット3500円~と季節の野菜と果物のセット14~16品4500円~の2種類[…]

有機野菜定期宅配サービスが便利

有機野菜定期宅配サービスは、主な特徴はだいたい共通しています。

・有機または減農薬の安心して食べられる野菜を定期購入できる
・基本の野菜セットに自分で商品を取捨選択して追加、変更することができる
・毎週お届け日時の変更やキャンセルができる
・初回お試しセットがお得
・一定金額の購入で送料無料
ここでは、それ以外の特徴に注目して有機野菜宅配サービスを比較してみます。

野菜セットのボリュームが大きい

無農薬野菜のミレー レビュー記事へ
無農薬野菜のミレーでは最大16種類の野菜や果物の入った野菜セットが用意されています。
そのうえで豊富な食品の中から自由に選んで追加することも可能です。
肉や魚といった商品の価格帯も比較的安価なものもそろっています。
質を考えたうえで比較的たくさん買いたい人、家族の多い方に向いています。

初回お試しセットがお得

らでぃっしゅぼーや レビュー記事へ
ぱれっと便に含まれている野菜のボリュームは少ないですが、
こちらも自分で自由に追加、変更をすることはできます。
送料のことを考えれば毎週5000円~8000円は購入することをお勧めします。
初回お試し特典があります。
大地を守る会 レビュー記事へ
管理栄養士監修で野菜セットを組んでくれることと、
毎週レシピがついてくるのがありがたいです。自然と料理上手になれることでも人気を呼んでいます。

各種イベントが開催されたり、カタログもついてくるので
注文するのが毎週楽しみにもなります。
こちらも初回お試し特典があります。

最新情報をチェックしよう!
>食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費は節約してできるだけ貯金に回すことは、 現代社会の死活問題です。
とはいえ、良い食べ物は人の健全な日常生活に役立つことは確かです。
安くても粗悪なものばかりを食べると中毒になり、より不健康なものを求めるようにもなりがちです。
食品添加物、白砂糖などの精製された食品はまず精神状態や免疫力にダメージを与えます。アルコールやたばこ、日々のストレスに加えてそれらの影響は無視できないものになっていくはずです。

無添加、オーガニック商品は価格は高くてもできる範囲で暮らしに取り入れることに十分大きなメリットがあります。すべてを無添加、オーガニックで統一することは難しくても、問題のある食品添加物だけは気にするとか、オーガニックの野菜セットだけは続けてみるなど、部分的にでも本当においしいものを食べることで毎日の食事から大きな満足感を得ることができます。

少しでも品質の良い食べ物の味覚を楽しむことは心の余裕も生み出します。1円2円を節約しようとしてスーパーをはしごするような暮らしはストレスがたまります。余裕がある時だけの気分転換でも十分です。本当においしいと思える無添加・オーガニックの味覚を試してみてください。

CTR IMG