化粧品もオーガニックが良い、見逃せない理由とは。

化粧品に含まれる化学物質の影響

通常のスーパーやドラッグストアで安く販売されている化粧品のほとんどには、

石油系の界面活性剤、パラベン、着色料や香料などの添加物が多用されています。
そのような成分に敏感になってしまう方の場合は、
化粧をすればするほど肌が荒れたり、年を取ってからシミができてしまう原因にもなります。

特に問題視されるパラベンとは


また、特に化粧品には多く使用されている石油系の保存料であるパラベンには
急性毒性はないものの、長期間の使用による慢性毒性に関しては何とも言えないものがあります。

実際にパラベンが化粧品に使用される際には保存効果を高めるために、
複数種類のパラベンが使用されることがあります。

表記もパラベンと書かれているとは限らず、
パラオキシ安息香酸エステル、メチルパラベンなどの種類名で書かれていることもあります。

実験では複数種類のパラベンを長期間使用し続けても良いのかどうかについては何も証明されておらず、不透明です。

また、パラベンには皮膚への刺激が強いためアレルギーやシミ、肌荒れの原因にもなるという指摘もあります。

発がん性についても言及されていることもあり、
なにかと不安をあおらされる成分であることだけは確実に言えます。

化粧品も無添加、オーガニックを選ぼう




化粧品も少し値段は高めではあっても、将来のリスクを考えるなら無添加、オーガニックの商品を選ぶようにしましょう。

スキンケアのためにやっていることが逆効果になってしまわないためにも、

皮膚への刺激性のことも考えた商品が一番です。

天然成分100%オーガニックスキンケア【Sorabudo】
のスキンケア商品は
上記のパラベンも不使用で、天然、自然の有機栽培植物を主な原材料として作られています。
ブドウ酵母エキスの原液を水の代わりに使用していることもこだわりの証です。

数々のメディアにも取り上げられ、肌荒れを繰り返す方にも評判が良い商品です。

無添加化粧品の注意点


無添加、オーガニックにこだわって作られた化粧品にもデメリットはあります。

パラベンのような強力な保存料を使用しないため、

開封後はできるだけ早く使い切る必要があります。

保管環境も冷蔵庫での保存が一番安心です。

雑菌の混入を避けるため、肌に直接触れる口紅の使用方法については特に注意しましょう。
直接直に口紅を塗るのも、無添加の化粧品の場合はリスクが高くなります。

専用の筆にとって塗るようにし、その筆もきちんと洗浄して乾かすようにしましょう。

保存料を使用しない化粧品は雑菌の繁殖や光、空気に触れることによる変質というリスクがあります。

できるだけ保管環境に気を付ける必要があります。

保管環境や使用方法に問題があれば劣化してしまうことはパラベンを使用している一般的な化粧品でも同様ですが、
無添加のものと比べるとそれでも一定の品質保持ができるのでその意味では安心できます。

無添加・オーガニック化粧品を選ぼう

石油系の保存料であるパラベンや着色料、香料などの化粧品に含まれる添加物や化学物質は、
一時的には問題はないといわれるものの、
皮膚への強い刺激性があり、敏感な方の場合は肌荒れやアレルギーの要因にもなってしまいます。
また、一部の化学物質については発がん性に関しても否定しきれないものがあります。

複数の種類の添加物、化学物質に長期間さらされた場合のリスクや安全性に関する実験は行われていません。

少しでもリスクを減らそうとするなら、より自然に近い安心できる成分で作られた化粧品を使用するようにしましょう。
そのほうが、皮膚のケアにとって有意義な成分を摂ることができるのでメリットのほうが大きいです。

お勧めの無添加・オーガニック化粧品


タルク、合成ポリマーの1つであるシリコン、鉱物油、界面活性剤、合成香料や着色料などといった気になる添加物を一切使用しない、
希少な基礎ファンデーションです。
ぬるま湯とせっけんで簡単に落とせるので手間もなく、皮膚が弱い方にも評判が良いです。


こちらのリップクリームも希少な無添加の化粧品です。
酒粕の効果で荒れがちな唇を保湿して乾燥から守り、天然の柴根の色でほんのりと優しいピンク色を出しています。

無添加・オーガニック化粧品のメリット

無添加・オーガニックの化粧品を選ぶことで、将来の皮膚トラブルの予防にもつながります。
皮膚への刺激性がほとんどなく、皮膚の保湿やシミ予防にも役立つ天然成分を豊富に含んだ化粧品は、

健康で明るい皮膚の状態を維持することに大いに役立ちます。

同じ化粧を楽しむなら、肌トラブルのリスクができるだけ少ない商品を選んでみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費を節約しすぎると心も貧乏になる

食費は節約してできるだけ貯金に回すことは、 現代社会の死活問題です。
とはいえ、良い食べ物は人の健全な日常生活に役立つことは確かです。
安くても粗悪なものばかりを食べると中毒になり、より不健康なものを求めるようにもなりがちです。
食品添加物、白砂糖などの精製された食品はまず精神状態や免疫力にダメージを与えます。アルコールやたばこ、日々のストレスに加えてそれらの影響は無視できないものになっていくはずです。

無添加、オーガニック商品は価格は高くてもできる範囲で暮らしに取り入れることに十分大きなメリットがあります。すべてを無添加、オーガニックで統一することは難しくても、問題のある食品添加物だけは気にするとか、オーガニックの野菜セットだけは続けてみるなど、部分的にでも本当においしいものを食べることで毎日の食事から大きな満足感を得ることができます。

少しでも品質の良い食べ物の味覚を楽しむことは心の余裕も生み出します。1円2円を節約しようとしてスーパーをはしごするような暮らしはストレスがたまります。余裕がある時だけの気分転換でも十分です。本当においしいと思える無添加・オーガニックの味覚を試してみてください。

CTR IMG